歯が前に出っ張っている(上顎前突)

上側の歯列または骨格全体が下の歯列に比べて前方に突出した状態を「上顎前突」といいます。いわゆる「出っ歯」です。上の歯の傾斜が主な症状である「歯性」のものと、顎の骨の過成長による「骨格性」のものがあります。また、その両方が認められることもあります。相対的に下顎が小さいことにより、上顎前突に見えることもあります。

指しゃぶりや舌癖といったクセが長期間にわたって行われていたことや、遺伝的要因が原因となります。上顎前突は、発音障害や口呼吸で内科的疾患を引き起こす原因ともなりますので、早期の治療をおすすめします。

出っ歯の症例 

術前

術後

下顎が出ている(反対咬合)

正常な噛み合わせの場合、噛み合わせると上の歯列が適度に下の歯列に被さります。これが反対になって、下の歯列が上の歯列を適度に覆う噛み合わせを「反対咬合」といいます。いわゆる「受け口」です。

反対咬合には、上顎の成長不十分や下顎の過度な成長による「骨格性」のものと、下の前歯が前方に突出していたり上の前歯が後方に傾斜していたりする「歯性」のもとがあります。反対咬合には、「食べものをしっかり噛むことができない」「下顎がしゃくれた感じになる」「発音が不明瞭で聞き取りにくい」などの問題があります。
反対咬合も、上顎前突同様、指しゃぶりといったクセや遺伝的要因が原因と言われています。

受け口の症例

――出っ歯、受け口を治したい――ご相談・ご予約はお気軽にどうぞ