当院の矯正装置について

当院は、多くの症例を手掛けた経験を基に、患者さん一人ひとりにぴったり合った矯正装置のご提案が可能です。日々進化している新しい技術を用いた矯正装置などについても詳しくご説明いたしますので、どんなことでもお気軽にご質問ください。以下に、当院で取り扱っている矯正装置についてご紹介します。

自費治療の矯正装置について

セラミックブラケット

セラミックブラケット

歯と同じ白さを持つセラミック製のブラケットを使用するセラミックブラケットは、歯とよく馴染み目立ちません。見た目が気にならないため治療中のストレスを軽減できます。

リンガルブラケット

リンガルブラケット

歯の裏側に装着するのがリンガルブラケットです。表側からは見えないため、ほかの人に矯正治療中であることを気付かれにくくなります。歯の裏側に装置があるため邪魔に感じることと、話しにくくなることがデメリットですが、多くの患者さんが短期間で慣れ、気にならなくなります。

インビザライン

インビザライン

プラスチックでできた透明で目立たない薄いマウスピースです。装置を付けていることはほとんどわからないため、これまで装置の見た目がネックで治療に踏み切れなかった方におすすめです。

小児矯正で使用する装置(可撤式装置)

小児矯正で使用する装置(可撤式装置)

矯正装置には、可撤式(取り外しができるもの)と固定式(取り外しができないもの)の2種類がありますが、小児矯正では可撤式装置を使用します。小学校低学年のお子様でも簡単に取り扱える造りとなっています。ブラッシングのじゃまにもならないため、口腔内の衛生管理もしやすいのが特徴です。

矯正終了後に使用する装置

矯正終了後に使用する装置

矯正治療が終了した後、その状態を維持するために必要となる装置が「リテーナー」です。リテーナーを装着することで、動いた歯を安定させます。使用するリテーナーの種類や期間は症例によって異なります。

――患者さんがリラックスできる、快適な診療環境――冨永矯正歯科へのご相談・ご予約はこちら

――きれいな歯並びに整えたい!――成人矯正についてはこちら

――お子様の歯並びが気になる方へ――小児矯正についてはこちら